首都圏でのオナクラ体験 まさかの展開に

僕が昔首都圏のオナクラに行ってきた時の感動をぜひ聞いて下さい。初めは期待していないって訳ではないんですけど、なるようになるだろうくらいにしか思っていなかったんです。あ、実はその時が初オナクラでした。だから期待値ってよりもどんな展開になるのかなって気持ちの方が強かったんですけど、実際に利用してみて本当に驚きました。これはまさにパラダイスだなと。女の子に見せつけるっていうのがここまで気持ち良い事だとは思っていなかったんです。初めはこっちにも羞恥心というか、自分は何をやってるんだみたいな気持ちの方が強かったんですけど、次第に女の子が近くによって来て自分のモノに対して吐息を吹きかけてきたんです。あれはびっくりしたと同時に、あれで自分の中で何かスイッチが入ってしまいましたね(笑)そこから自分もどんどん興奮しちゃって、気づいたら物凄い勢いで発射しちゃってたんですけど、それを見ていた女の子の表情がこれまた素晴らしいものでした。地元にはオナクラがないので、また首都圏に行った時は遊びたいです。早く首都圏出張命令出ないかな・・・。

首都圏美人を呼んだら豚がきた

首都圏で体験したデリヘルの話。申し訳ございません。ただいま少々込み合っており、30分後に到着します。という連絡をデリヘルのお店から受けて首都圏某所にあるホテルで待機していました。30分かかるんだったら、先にメシ食ってるかなと思い、バッグから中華を取り出す。よし食べようという時にデリヘル嬢がやってきました。「早いね。遅れるって聞いたけど」「ううん。そうなるハズだったけど、問題解決したっぽい」「そうなんだ。いまご飯食べてるからちょっと待ってて。」僕がシューマイを食べていると、シューマイを覗きこんでくるデリヘル嬢・・・食べたそうにしていたので「少し食べる?」と聞くとテンションがかなり上がったように「いいんですか!?!?」と返してくる。その言葉を待っていたくせに・・・。「うん。大丈夫」といって渡すと、ブラックホールのように呑み込まれていきました。よし、こいつのあだ名は豚にしよう。そのあと、普通にプレイしたんですが、ずっと豚!豚!と呼んでいました。首都圏の子ってハートが強いんですね!なんだか気に入ってしまいました。

首都圏でデリヘル呼んだらまさかの妊婦嬢だった!

先日首都圏のデリヘルで呼んだ女の子はなんと妊婦!妊娠5ヶ月ということでまだそれほどお腹は目立ちませんが嬢からそのことを教えられると思わず「おおぅ大丈夫…?」と聞いてしまいました。嬢は「だいじょぶだいじょぶ。私22だし」と何が大丈夫なのかよくわからない返事。どうやら体は大丈夫でも頭が大丈夫じゃないようです。最初はおっかなびっくりだった私も次第に妊婦さんの体に興味を持ち、ちょっと黒ずんだ乳首や意外とキレイなアソコを舐めたりしゃぶったりしながらかなり堪能してしまいました。嬢もプレイ自体には妊娠してることは何の影響も無い様で普通に素股もやってくれます。フィニッシュは丁寧ながらも激しいおフ●ラでたっぷりと発射してしまいましたが、妊婦さんとのプレイというのも精神的に落ち着いていて結構いい物でしたね。フェチな人がいるのも頷けます。なかなか逞しい女の子でしたが、出産後しばらくしたら母乳プレイを売りに華麗に風俗業界に戻ってきそうですよねえ…。首都圏にはいろんな風俗嬢がいます。そこが首都圏風俗のいいところでもあるのですかね。